介護ファクタリングは介護給付金の早期現金化を実現

subpage1

ファクタリングは、介護業界でも浸透してきているサービスで「介護ファクタリング」は通常、介護保険事業者が、国民健康保険団体(国保連)へ介護給付金の請求をしてから、実際に介護給付金が入金されるまでに約45日間かかってしまいます。


そこで介護ファクタリングを利用して、この介護給付金債権をファクタリングサービス会社が買い取ることによって、約5日間ほどでサービス会社から介護保険事業者に入金される、つまり早期現金化を実現するサービスです。

あなたに合った条件のマイナビニュースを利用するなら此方のサイトです。

例えば、介護事業を開業して間もない事業者の場合、介護給付金を国保連に請求しても、45日間もの間、売上金である介護給付金の入金がないため、入金までの資金繰りに悩まされる事があります。

介護給付金ファクタリング情報を見つけましょう。

そこで、このサービスを利用すれば、サービス会社がこの債権を買い取ってくれますから、請求してから約5日間後に入金が行われます。
介護事業所のキャッシュフローが良くなり、資金繰りの心配も大幅に減少します。
実際に入金される金額はサービス会社の審査の状況により異なりますが、標準的な場合の1回目の入金は債権のおよそ70〜80%の金額となり、2ヶ月目に残りの金額が入金されることになります。
また、このサービスは「債権」を買い取るサービスとなるため、借入金とはなりません。
介護保険は国の制度ですから、国に対しての債権、つまり売掛金という形になりますので帳簿上も「売掛金」の扱いとなり、賃借対照表の改善を図ることができるのです。



ただ、サービスの利用の際に提出書類等を含め審査が行われ、ファクタリング会社によっては新規開業の場合はサービスを利用できない場合や、保証人や不動産担保などが必要であったり、月額基本料金、手数料率などが異なります。また、審査を通っても1回目に入金される目安の金額である債権の70〜80%に届かないケースもありますので、サービス会社との充分な事前の確認が必要です。

身になる知識

subpage2

ファクタリングとは、売掛債権を買い取り本来の持ち主に代わってその債権の回収を行う金融サービスのことです。主に不動産債券や中小企業等に対して金融機関が行うサービスですが、医療業界においてはファクタリング業者が病院や診療所などの医療機関・介護事業所・調剤薬局がそれぞれ持っている診察報酬債権・介護報酬債権・調剤報酬債権を買い取り、それを担保に資金融資を行うサービスになっており、レセプト債と呼ばれることもあります。...

more

金融が気になる方!

subpage3

ファクタリングとは売掛債権を第三者の専門機関が買い取ることをいいます。決算上は黒字でも、取引先などからすぐに入金があるわけではなく、資金繰りに苦労する中小企業もたくさんあります。...

more

おすすめ情報

subpage4

ファクタリングは診療報酬債権や介護報酬債権を支払日より前に現金化出来ることで医院や介護士のキャッシュフローを改選させることができる非常に便利なサービスで有り、経営が苦しい病院などでは多用されている手法です。本来ならば健康保険や介護保険の支払日にならないと現金が入手できない仕組みになっているため、それまでの資金繰りがなかなかうまくいかない場合でも、ファクタリングを利用することで若干の手数料で現金が入手できるので支払いなどがスムーズになり、病院経営の健全化に役立つものです。...

more

皆が知りたい情報

subpage5

ファクタリングのメリットは、最短即日で資金調達が可能になることです。銀行などに融資を申し込むと、審査にすごく時間がかかり、資金調達できるまでにかなりの時間がかかってしまいます。...

more